山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

長岡の銀行の北越銀行

山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

山梨中央銀行の特徴

山梨中央銀行は山梨では唯一の地方銀行として知られています。山梨にある他の金融機関よりも利用者多く、山梨県では有名な銀行です。山梨にはみずほ銀行などの都市銀行の支店もありますが、山梨銀行のほうが人気となっていることが特徴です。

山梨中央銀行は、株式会社山梨中央銀行として長く地元で親しまれてきました。山梨中央銀行は山梨では歴史のある銀行ですが、東京においても景観まちづくり重要物件に指定された歴史的建造物の店舗があります。

山梨中央銀行は、世界遺産に登録された富士山観光に役立つ銀行としても好評です。富士河口湖では、小立支店、河口湖支店を置いて地元観光に貢献しています。

また、最近は山梨を本拠地に営業を行う企業などが東京に多く進出していることから、山梨中央銀行東京支店などの店舗が設置するようになっています。現在、山梨中央銀行は東京の金融機関の一つとして活躍しています。

このような展開を続けている山梨中央銀行は、行員が1,600人を超えるようになり、山梨の金融機関としては最大の規模をもっています。山梨中央銀行の基本情報として、店舗は90店、預金残高は2兆5,476億円、貸出金残高については1兆5,073億円であり、山梨では規模の大きな銀行です。

そして、山梨中央銀行は、山梨や東京で営業を行う銀行として知られ、事業内容についても預金、貸出、有価証券売買、投資、為替などの業務を行う地方銀行として活用する人が増えています。そのようなことから、近年、山梨銀行の業績は非常によく、全国からも投資対象として人気です。

また、銀行サービスにおいては、銀行振込などの手数料が無料となるサービスが利用できます。このように山梨中央銀行は、山梨県民にとって欠かすことのできない銀行として長く地域において活躍しています。