山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

長岡の銀行の北越銀行

山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

山梨中央銀行について

山梨中央銀行は、山梨では非常に利用者の多い銀行で、山梨を代表する金融機関として人気があります。山梨中央銀行は、明治7年に設立された銀行です。はじめは興益社として設立され、その後、第十国立銀行となり、山梨では主要な銀行として定着しています。

そして、普通銀行になってからは株式会社第十銀行となり、太平洋戦争の直前に現在の銀行名である株式会社山梨中央銀行となりました。これ以来、山梨中央銀行は山梨の地方銀行として非常に規模の大きな金融機関となり、大きな役割を果たしていくことになります。

山梨中央銀行は甲府市丸の内に本店を置き、都市銀行の店舗が少ない山梨においてはほとんど独占的な立場にある銀行です。また、山梨中央銀行は、山梨県内の信用金庫や信用組合とは比べものにならないほど、山梨の地方銀行として他の金融機関よりも有利な存在です。

そのことから、現在、山梨中央銀行は山梨県や甲府市などの指定金融機関となり、山梨では多くの企業もメインバンクとしています。また、山梨中央銀行は、山梨では山梨中銀として親しまれ、地元銀行としてサービス内容が充実しています。融資では、クイックローン、山梨中銀創業支援ローン、山梨中銀コンビニ収納サービス、山梨中銀代金回収サービス、手数料無料サービスといった独自のサービスが人気です。

山梨で歴史ある山梨中央銀行は、東京に近く地元企業などからの需要が増えていることから東京への進出が行われています。最近は、県外、東京において支店を増やしている銀行として知られています。たとえば、支店一覧を見ても東京支店、新宿支店、町田支店などがあり、東京では店舗が多く、山梨銀行は山梨、東京を中心に支店を置く銀行に成長しています。