山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

長岡の銀行の北越銀行

山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

山梨中央銀行の将来性

山梨中央銀行は、明治のはじめに山梨で設立された銀行で、昭和16年には現在の株式会社山梨中央銀行となりました。昭和52年には創業100周年を迎えた歴史のある銀行です。

山梨中央銀行は、現在、東京証券取引所市場第一部の企業に成長しています。山梨中央銀行は、山梨では利用者が非常に多い銀行となり、他の金融機関と比べられないほど、いまでは山梨県において独占的な営業を行っています。

山梨中央銀行は経営状態もよく、2006年には危機状態にあった足利銀行の救済に協力したことから、関東でも知名度を上げるようになりました。また、東京では山梨から多くの会社も進出するようになり、東京でも営業を行う銀行に成長しています。現在、山梨中央銀行は、八王子などの東京西部を中心として店舗を展開しています。そして、最近は、神奈川県にあった橋本法人営業所を相模原支店に昇格させるなど、今後は神奈川においても店舗の展開を図っています。

また、海外においては香港に駐在員事務所を置いています。このように山梨中央銀行は地方銀行であっても広く営業を行っている銀行です。

山梨中央銀行では、今後の営業戦略として各支店において利用しやすいように相談窓口を設けたり、金融商品やサービスの拡充に努めていくことを目指しています。山梨中央銀行は、従来の銀行業務のほか、保険サービス、中小企業への融資といった地域支援を行うことにより、新たな展開を見せています。

さらに、山梨中央銀行は銀行システムにおいて、平成23年に「BankVision」といった勘定系システムを新たに導入し、銀行サービスを向上しています。このように業務の効率化によって銀行評価を上昇させるようになったことから、投資対象の銀行として人気が上昇しています。