山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

長岡の銀行の北越銀行

長岡の銀行の北越銀行

北越銀行について

北越銀行は、明治11年、第六十九国立銀行として長岡市に開業した銀行です。新潟県の県庁所在地の新潟市から離れたところにある銀行として長岡では長く親しまれてきました。

そして、株式会社六十九銀行に改称してからは、戦前までに長岡周辺にあった多くの銀行を吸収合併しています。さらに、戦中には同じ長岡にある株式会社長岡銀行と合併し、株式会社長岡六十九銀行として営業を行ってきました。

戦後になって現在の名称である北越銀行となり、長岡では最大の地方銀行に成長しています。北越銀行は、今では利用者が多くなり、長岡地域に根ざした金融機関として銀行業務を行っています。地元企業の多くは北越銀行をメインバンクとするようになり、北越銀行の充実した商品やサービスは、新潟県民に喜ばれています。

北越銀行は、新潟県内に多くの支店を置いています。長岡市や新潟市において長く地域社会や地域経済に貢献してきた銀行といってよいでしょう。北越銀行の個人向けサービスでは、預金やローンなどの金融サービスが充実していることが特徴です。この銀行では、預金業務において長岡の米百俵の精神を受け継ぐような贈与専用預金といったサービスや子育てに便利な定期預金などに人気があります。

北越銀行のローンでは、特色のあるカードローンやフリーローンなどがあります。また、住宅ローンやマイカーローンなどでは、窓口業務のほかにもローンプラザを設けることによって、地域の人が利用しやすい案内サービスを行っています。

最近、北越銀行は、ホクギンeネットバンキングといったサービスを開始するようになったことから、冬季間において利用しにくいとされてきた僻地の住民やお年寄りなどに便利な銀行となりました。