山梨で唯一の地方銀行、山梨中央銀行

長岡の銀行の北越銀行

長岡の銀行の北越銀行

北越銀行の活用

北越銀行は、明治時代、新潟県の内陸地である長岡に国立銀行として開業してから、地域で長く親しまれてきました。北越銀行は、新潟県において多くの支店をもつようになり、今では新潟や長岡の地域経済において重要な役割にある金融機関となっています。

このように北越銀行は個人や企業に長く愛されてきた銀行で、地域密着型金融機関として人気があります。最近、北越銀行は銀行業務においてサービスが向上するようになり、新潟県民に利用しやすい銀行として利用者が増えています。

北越銀行は、昭和48年に東京証券取引所市場第一部に指定されてから、利便性を向上させるためにシステム基盤を整備しています。上場した翌年の昭和49年には、すべての店舗において総合オンラインシステムを稼動しています。さらに、昭和53年には、第2次オンラインシステム、平成元年には第3次オンラインシステムを稼動しています。

また、平成21年には、勘定系システムを株式会社NTTデータの地銀共同センターに移行したことから、情報やシステム関係の効率化がすすんでいます。これにより、銀行サービスや業務管理がよくなり、北越銀行の利用者にとって利便性の高い銀行となりました。

北越銀行は、投資に関しても活用しやすい銀行です。今まで投資にあまりなじみのない地元の顧客が安心して活用できるようなサービスを提供しています。ホクギン投資信託は、株式投資、債券投資、不動産投資信託で利益を上げる資金運用が利用者に役立っています。北越銀行は、投資信託といった比較的にリスクの少ない方法による資金づくりが好評です。資金形成が難しくなっている時代において、北越銀行の投資は効果的な方法として活用されるようになり、サービスや資金運用において効果的な銀行として知られています。